大韓医師協会「韓国政府の専攻医に対する告発は暴挙」…9月7日から無期限ゼネスト突入か

大韓医師協会「韓国政府の専攻医に対する告発は暴挙」…9月7日から無期限ゼネスト突入か

大韓医師協会「韓国政府の専攻医に対する告発は暴挙」…9月7日から無期限ゼネスト突入か(提供:news1)(画像提供:wowkorea)

大韓医師協会(医協)は28日、韓国政府が専攻医と大韓医師協会をそれぞれ告発したことを公権力の暴挙と規定し、態度を改めなければ9月7日から無期限ゼネストに突入することを決めた。

チェ・デジプ医協会長はこの日、ソウル市ヨンサン(竜山)区の協会会館で記者会見を開き、こうした内容を盛り込んだ「汎医療界4大悪阻止闘争特別委員会」(以下、汎闘委)の論議結果を発表した。

チェ会長は「保健福祉部が専攻医10人を告発し、(協会を)最近、公正取引委員会に告発したことは公権力の不当な暴挙であり、利用可能なすべての方法を動員して対応する」と批判した。

続いて「政府が速やかに態度を改めることを要求する。我々の要求が受け入れられない場合、9月7日から第3回全国医師ゼネストに無期限の日程で突入する」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)