高齢者死亡後の感染事例が続出…「死亡者の増加傾向は続く」=韓国中央防疫対策本部

高齢者死亡後の感染事例が続出…「死亡者の増加傾向は続く」=韓国中央防疫対策本部

高齢者死亡後の感染事例が続出…「死亡者の増加傾向は続く」=韓国中央防疫対策本部(提供:news1)(画像提供:wowkorea)

最近、韓国国内において、新型コロナウイルスの感染者が大幅に増加し、死亡者もともに増えている。その上、高齢者の中には、死亡後に感染が確認された事例も続出しており、懸念を呼んでいる。

韓国中央防疫対策本部によると29日、この日0時時点で、新型コロナウイルス感染者のうち5人が死亡した。死亡者の年齢は60代1人、70代1人、80代2人、90代1人であり、地域はキョンギ(京畿)道4人、ソウル1人だった。

このうち3人は、感染後に医療機関内で死亡し、残りの2人は、死亡後に感染していたことが確認された。医療機関内で死亡した患者の1人は、感染した当日に医療機関に移送されたが、経過が突然悪化し、その日に死亡した。防疫当局も死亡時点と感染時点の間隔がなかったり、順序が逆転する現象まで発生しているため、懸念している。

クォン・ジュンウク中央防疫対策本部副本部長は、29日の定例会見において「現在の新型コロナウイルスの状況は厳しい」とし「その上、年配の方々が死亡後に感染する事例も出ており、また(数字も)増えている」と懸念した。

関連記事(外部サイト)