韓国、山村や離島でも感染確認、全羅南道全域にコロナ拡散で危険信号

韓国、山村や離島でも感染確認、全羅南道全域にコロナ拡散で危険信号

山村や離島でも感染確認、全羅南道全域にコロナ拡散で危険信号=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国で新型コロナが急速に拡散する中、安全だと思われていたチョルラナムド(全羅南道)でも多くの地域で感染者が発生し、非常事態となった。

30日、全羅南道によると、前日の全羅南道では計136人のコロナ感染者が出た。 このうち海外流入は26人で、残りの110人が国内感染だ。

今月5日まで41人だった全羅南道地域の感染者数は、スンチョン市(順天市)のフィットネスセンターやフードコートでの感染者が爆発的に増加し、全羅南道西部圏の離島地域で初めて発生したことから、136人となった。

主な発生地域は順天が61人で最も多く、クァンヤン(光陽)16人、モクポ(木浦)12人、ヨス(麗水)7人となっている。

これまでの検査で陰性判定を受けた市民も4万4458人に達し、現在も6905人が検査中だ。

関連記事(外部サイト)