「米国へ医薬品の輸出を中止することを検討…米病院は閉鎖の可能性も」=中国

「米国へ医薬品の輸出を中止することを検討…米病院は閉鎖の可能性も」=中国

「米国へ医薬品の輸出を中止することを検討…米病院は閉鎖の可能性も」=中国(画像提供:wowkorea)

中国政府が、自国で生産した医薬品の対米輸出を禁止する案を検討していると、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が、10日報じた。米国は1990年代以降、抗生剤をはじめ、医薬品の多くを中国からの輸入製品に依存している。

SCMPはこの日、複数の中国政府関係者を引用して、「最近、米国がTikTokとHuaweiなどに対する攻撃を強化し、金融デカップリング(脱同調化)の動きが大きくなると、中国共産党の政治諮問機関である政協が『米国が医薬品に接近することを遮断』する議論をし始めた」と伝えた。

これと関連し、民族主義的観点で有名な復旦大学・中国研究院の張維為院長は、今年初めの演説において「一部の基礎医薬品の供給に対する中国への依存度は、米国には弱点であり、中国には有利である」とし「米国のすべての病院は、中国の医薬品供給がなければ、閉鎖することになる」と警告した。

関連記事(外部サイト)