韓国の“グリーンニューディール政策”が「OECD報告書」で最初に紹介

韓国の“グリーンニューディール政策”が「OECD報告書」で最初に紹介

チョ・ミョンネ韓国環境相は、OECDの「グリーン・リカバリー政策報告書」のTV会議に参席した(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)政府が立てたグリーンニューディール政策が、経済協力開発機構(OECD)の「グリーン・リカバリー政策報告書」で、新型コロナウイルス感染症危機の発生以降、より持続可能な経済への転換を促進できる事例として紹介された。

韓国環境部(環境省に相当)は、14日午後7時からTV会議として開かれた「OECD環境分野大臣級会議」に、チョ・ミョンネ環境相が参席し、全世界のグリーン・リカバリー(環境に配慮した危機からの回復)のための青写真を提示した。

今回の会議は「雇用、所得、成長のためのグリーン・リカバリー」をテーマとして、新型コロナ危機以降の持続可能な経済回復を達成するための各国のグリーン・リカバリー政策と経験を共有するために開かれた。

今回の会議では、韓国とヨーロッパ連合(EU)のグリーンニューディールが、グリーン・リカバリーの事例として政策報告書に紹介された。

チョ環境相は加盟国の中で最初に発言し「新型コロナ危機を、新たな成長動力を創出するグリーン・リカバリーの“機会”としなければならない」と強調した。

今回の会議での内容は、今年10月末に開かれるOECD閣僚理事会本会議の主要な参考資料として活用される予定である。

関連記事(外部サイト)