トランプ氏「私だけが北朝鮮と友好関係を築くことができる、他の大統領は核戦争をしている」と強調

トランプ氏「私だけが北朝鮮と友好関係を築くことができる、他の大統領は核戦争をしている」と強調

トランプ氏「私だけが北朝鮮と友好関係を築くことができる、他の大統領は核戦争をしている」と強調(画像提供:wowkorea)

トランプ米大統領が15日(現地時間)、自分ではなく民主党から大統領が出たなら、アメリカは北朝鮮と核戦争をしたかもしれないと主張した。

トランプ大統領は、国立憲法センターで開かれたミーティングで「ご存知のように人々は私がこのような性格だから、直ちに戦争するだろうと言っていた」とこのように明らかにした。

また、アフガニスタンやイラクなどで米軍兵力を削減したことを取り上げ、「米軍はほぼすべての場所から撤収している」と述べた。

続いて「北朝鮮を見てほしい。何も浪費しなかった。我々はキム・ジョンウン(金正恩国務委員長)と仲良くしている」と強調した。

また、トランプ大統領は「もしオバマ前大統領やヒラリー・クリントン前国務長官が大統領になっていたら、おそらく北朝鮮と核戦争があったはずだ。韓国いる友人から『ありがとう、私たちは君を愛している』といつも電話をもらっている。」と主張した。

トランプ大統領はこれまで、金正恩国務委員長と良好な関係を維持していると主張し、自分でなければ北朝鮮と戦争をしているだろうと何度も述べてきた。

関連記事(外部サイト)