コロナで「献金減少」の教会…副牧師・伝道師から「解雇」=韓国

コロナで「献金減少」の教会…副牧師・伝道師から「解雇」=韓国

韓国キリスト労働組合は22日午後 ソウルの最高裁判所の前で記者会見を開いた(画像提供:wowkorea)

韓国のある大型教会の祈祷院に勤務していた伝道師は、最近 突然の解雇通知を受けた。早朝礼拝から始まる一日4回の礼拝を準備し、その間には祈祷院を訪れた信徒の相談を受け持つ仕事をしていたこの伝道師の給与は80万ウォンであった。

朝4時に起床し午後11時に仕事を終える生活に加えて、徹夜の礼拝があれば午前2、3時に終わる日もあった。

初め祈祷院で働くことになった時には「神様の導きで共に働くことになった」と歓迎してくれた祈祷院は いざ解雇する時には「勤務態度がよくない」として、この伝道師の勤務内容を一つ一つ指摘した資料を出した。この伝道師は祈祷院に対する“裏切り”により精神的ショックを受け、現在 精神科の治療を受けている。

22日、韓国総合ニュース通信社“ニュース1”とのインタビューに応じた韓国キリスト労働組合のオム・テグン委員長は「最近 新型コロナウイルス感染症事態以降に、教会の副教役者(副牧師、伝道師)たちが突然解雇されるケースが増えた」と語った。

新型コロナの長期化により、対面礼拝の機会が減るとともに教会の収入も減ったことで、教会は最も削減しやすい副教役者たちを解雇し、費用減縮に乗り出したということである。

このような問題についてオム委員長は、教会の副教役者は「労働者」として認められていないためであると語った。

多くの教団では、教会内で勤務している教役者たちを「奉仕者」、「使命者」と呼び、「労働者性」を認めていない。また 労働者性を認めてほしいとして法的訴訟を起こしても、裁判所が教会側に軍配を上げるという。

このように教会の教役者たちを「聖職者」と呼びながらも「労働権」の保障を受けることのできないケースが頻繁に発生していることから、労働組合が設立された。

今回 キリスト労働組合は22日午後 ソウルの最高裁判所の前で、副牧師を「労働者」として認めない裁判所を糾弾する記者会見を開き、労働組合の発足事実を明らかにした。

関連記事(外部サイト)

×