北朝鮮により殺害された公務員の「オンライン焼香所」を開設=韓国

北朝鮮により殺害された公務員の「オンライン焼香所」を開設=韓国

北朝鮮により殺害された公務員の「オンライン焼香所」を開設=韓国(画像提供:wowkorea)

北朝鮮軍に殺害された海洋水産部(日本の農林水産省に相当)傘下の西海漁業指導管理団所属海洋水産書記(8級)の李某氏(47)を追悼しながら、政府に遺体を戻すことを促すオンライン焼香所が、保守系団体によって秋夕当日の1日に設けられた。

「ヨンピョンド(延坪島)海域での公務員殺害事件犠牲者オンライン追悼焼香所」は、保守系大学生団体の「新全国大学生代表者協議会」の主導により、設けられた。

同協議会は、ホームページを通じて、「大切な国民の命を守れなかった。ムン・ジェイン(文在寅)大統領と大韓民国政府に求める。国民が必ず韓国に戻れるようにしてほしい」と焼香所の開設・運営趣旨について、明らかにした。

1日午後6時30分までに、1万1700人余りが「献花する」を通じて、追悼の意を表した。

一方、死亡した犠牲者の兄は、先月30日夜、自分のフェイスブックに「私の人生で最も辛く、悲しくて苦しい祝祭日」とし「生前にもっとよくしてあげれなかった罪悪感が、より大きく見えるそんな日だ」と心情を吐露した。

関連記事(外部サイト)