韓国与党イ・ナギョン代表、「建国記念日の集会、合法でない行為許してはならない」

韓国与党イ・ナギョン代表、「建国記念日の集会、合法でない行為許してはならない」

韓国与党イ・ナギョン代表、「建国記念日の集会、合法でない行為許してはならない」(画像提供:wowkorea)

韓国与党「共に民主党」のイ・ナギョン代表は2日、一部保守団体の開天節(建国記念日)集会強行への懸念について、「明らかなことは合法でない、いかなる集会や行為も許してはならない」と述べた。

イ代表は同日午前、ソウル・中区のソウル地方警察庁機動本部を訪問し「明日が開天節だ。多くの国民が心配している」と述べた。

イ代表は「裁判所の判断で、若干の危険要因が生じた」とし「過去には警察人力が不法行為または不法集会を十分に防げなかったこともなくはなかったが、今回は完ぺき遮断して、国民に安定感を与えてほしい」と強調。

続けて「大統領もおっしゃったように、『公権力が生きている』ということを国民に確信させることを願う」とし「そうしてこそ、新型コロナウイルスから早く抜け出すことができて経済も蘇り、市民の暮らしに戻ることができる」と述べた。

イ代表は「あすはハングルの日、光化門一帯の集会を“どう阻止するか”が、新型コロナの大流行を一線で遮断できるか、できないかのカギとなる」とし「完ぺきな治療薬が出ていないが、時間をたくさん設けて早期治療が相当な部分まで可能になった。そうした体制を維持するためには、感染者が急増してはならないという大前提にならなければならない」と述べた。

また「警察が明日の集会を根本的にどのように遮断するかにかかっている。 遮断作戦が立てられているはずだが、作戦に支障がないように」と要請した。

関連記事(外部サイト)