北による公務員射殺・焼却事件、遺族が「北朝鮮軍の傍受記録・遺体遺棄映像の情報公開」請求へ

北による公務員射殺・焼却事件、遺族が「北朝鮮軍の傍受記録・遺体遺棄映像の情報公開」請求へ

北による公務員射殺・焼却事件、遺族が「北朝鮮軍の傍受記録・遺体遺棄映像の情報公開」請求へ(画像提供:wowkorea)

北朝鮮軍により射殺された韓国・海洋水産部傘下の西海漁業指導管理団所属の公務員イ某さん(47)の遺族が、国防部(防衛省に相当)に事件当時の傍受記録など情報を公開するよう要請する計画だ。

イさんの兄イ・レジンさん(55)は5日、自身のFacebookで「6日午後3時より国防部の前で情報公開を要求する記者会見を行う」と明らかにした。

遺族が情報公開を請求する対象物は、△先月22日午後3時30分から午後10時51分までの北朝鮮軍傍受録音ファイル△同日午後10時11分から午後10時51分までの北朝鮮軍が射殺した(公務員の)遺体を遺棄するシーンを録画したファイル。

この日の記者会見で遺族は、死亡したイさんの息子が作成した自筆の訴状も公開する予定だ。

関連記事(外部サイト)