「新型コロナ感染」の仁川・上海路線を一時中断=中国航空当局

「新型コロナ感染」の仁川・上海路線を一時中断=中国航空当局

「新型コロナ感染」の仁川・上海路線を一時中断=中国航空当局(画像提供:wowkorea)

中国航空当局が、新型コロナウイルスの感染者が出たという理由で、中国東方航空の韓国行き路線の運航を1週間中断させた。

澎湃新聞などの中国現地メディアによると11日、中国民用航空局は「先月25日、インチョン(仁川)発シャンハイ(上海)行きの東方航空MU5042便に搭乗した乗客のうち、8人が新型コロナウイルスの陽性反応を示した」とし「『国際旅客便の調整に関する民間航空庁の告示第7条第3項』に基づいて、12日から東方航空の仁川・上海路線の運航を1週間中断する」と明らかにした。

中国民用航空局の今回の措置伴い、東方航空は仁川・上海路線の運航実績を理由に、追加で運営していた仁川・ムシャク(無錫)路線の運航も中断することになった。

現在、中国民用航空局は、旅客機を利用して自国に入国する乗客のうち、新型コロナウイルスの陽性反応を示した人が5人以上いる場合は1週間、10人以上であれば4週間、その路線の運航を中断するようにしている。

中国民用航空局はまた、その航空路線の乗客全員が、3週連続して新型コロナウイルスの陰性反応を示せば、運航回数を週2回に増やすことができるようにしている。

中国民用航空局は、ロシア、エチオピア、スリランカなど、他の航空路線でも新型コロナウイルスの感染者が出て、その路線の運航を中断するようにしたと現地メディアは伝えた。

関連記事(外部サイト)