韓国法相の息子、病気休暇の前に国防部の公文「実際の診療日だけ病気休暇処理」

韓国法相の息子、病気休暇の前に国防部の公文「実際の診療日だけ病気休暇処理」

韓国法相の息子、病気休暇の前に国防部の公文「実際の診療日だけ病気休暇処理」(画像提供:wowkorea)

チュ・ミエ(秋美愛)法務部長官の息子、ソ氏(27)が在韓米軍部隊で米軍と一緒に任務を行う韓国軍「KATUSA (カトゥサ)」に服務していた際、病気休暇を取る前に国防部(防衛省に相当)が「実際の診療日だけ病気休暇に認定せよ」との趣旨の公文を該当部署に下達していたことがわかった。

この公文によると、外来診療を受けたソ氏が実際に使用した病気休暇19日のうち、一部は個人休暇として処理されなければならず、ソ氏の事件関係者らを嫌疑なしとして不起訴処分したソウル東部地検の捜査結果にも非難が出ることが予想される。

12日、「国民の力」のユン・ハノン議員室が国軍義務司令部から提出を受けた資料によると、在韓米軍の陸軍第8軍韓国軍支援団は、2017年5月30日午前8時45分に「現役兵などの健康保険療養に関する手続き強調及び伝播」との題名の公文を受け取った。ソ氏が1次病気休暇を取った2017年6月5日以前だ。

公文には「最近、現役兵が診療目的の請願休暇を個人的休暇の機会として悪用する事例が増加している」とし、「各病院の請願休暇の承認権者は訓令に基づいた診療目的の請願休暇の承認基準を厳格に順守するように」と書かれている。

ソ氏は同年6月5〜27日の19日間の1・2次病気休暇と4日間の個人休暇を使った。このうち6月7〜9日の3日間に入院手術を受け、退院後に居住地近くの病院で通院治療を受けた。公文によると、外来病院で通院治療を受けた日数以外は病気休暇ではなく個人休暇として処理されなければならないものとみられる。

関連記事(外部サイト)