ベルリンの慰安婦像「撤去保留」…ミッテ区「裁判所に判断を委ねる」=韓国報道

ドイツ首都・ベルリンの慰安婦像が『撤去保留』に ミッテ区が裁判所に判断を委ねる

記事まとめ

  • ドイツの首都ベルリンに設置された慰安婦像について、区長が『撤去保留』を伝えた
  • この慰安婦像は、ベルリンのミッテ区庁が14日までに撤去するよう命令していた像である
  • ミッテ区が少女像の撤去に関して裁判所に判断を委ねたため、『撤去保留』となった

ベルリンの慰安婦像「撤去保留」…ミッテ区「裁判所に判断を委ねる」=韓国報道

ベルリンの慰安婦像「撤去保留」…ミッテ区「裁判所に判断を委ねる」=韓国報道

「平和の少女像(慰安婦像)」(画像提供:wowkorea)

ドイツの首都ベルリンのミッテ区に設置された「平和の少女像(慰安婦像)」の撤去が“保留”となった。

13日(現地時間)現地メディア“Berliner Zeitung”によると、ミッテ区長は行政裁判所の判断が下されるまで、少女像の撤去を保留すると伝えた。

去る8日 現地の市民団体“コリア協議会”は、裁判所に少女像撤去命令に対する効力停止の仮処分の申請を提出していた。

ミッテ区が少女像の撤去に関して裁判所に判断を委ねたことにより、14日午後11時59分に設定されていた撤去期限は、その効力を失った。

去る7日 ベルリンのミッテ区庁は、コリア協議会が少女像とともに日本による慰安婦強制動員の事実を叙述した碑文が「設置前に当局にあらかじめ知らせていなかった」という理由で設置許可を取り消し、14日までに撤去するよう、命令していた。

この決定には、茂木敏充外相が去る1日、ハイコ・マース ドイツ外相との電話会談で、少女像の撤去をドイツ政府に要請するなど、日本のロビーが影響を与えているとされている。

関連記事(外部サイト)