新型コロナの国産治療剤、年内許可を目標に…ワクチンは来年を目標」=韓国

新型コロナの国産治療剤、年内許可を目標に…ワクチンは来年を目標」=韓国

新型コロナの国産治療剤、年内許可を目標に…ワクチンは来年を目標」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府が、国産の「新型コロナ」治療剤とワクチンの開発意志を示した。治療剤は今年中に、ワクチンは2021年までに開発を完了するという目標だ。世界初の許可製品でなくても、今回構築される研究開発のインフラを通して、次の新しい感染症にも積極的に対応するというのが政府の立場である。

クォン・ジュンウク中央防疫対策本部副本部長は、17日午後の記者会見で、「国内の治療剤は年内、国産ワクチンは来年の許可を目標に邁進している」とし「治療剤が致命率ではなく、入院期間や重症の履行程度を抑えてくれるだけでも、医療機関が助けられ、全体の防疫対策にも余裕を持つことができる」と述べた。

続けて、「たとえ我々が世界初でなくても、雪の上に初めて足跡を残すように一歩ずつ踏み出して、研究開発、臨床試験、産学連の協力経験を必ず確保する」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)