順天湾国家庭園の秋に大人気の「ピンクミュルリ」生態系を乱す?=韓国

順天湾国家庭園の秋に大人気の「ピンクミュルリ」生態系を乱す?=韓国

順天湾国家庭園の秋に大人気の「ピンクミュルリ」生態系を乱す? =韓国(画像提供:wowkorea)

韓国スンチョン市にあるスンチョンマン(順天湾)国家庭園で、秋に大人気の「ピンクミュルリ」(韓国で見られるイネ科の秋の花)を巡って管理機関であるスンチョン市が頭を悩ませている。

ピンクミュルリの生態系リスクの議論と共に、いくつかの地域ではすでに造成されたピンクミュルリを除去したり、交換する動きまで出てきている。

18日スンチョン市によると、国家庭園に植栽されたピンクミュルリの面積は約3000平方メートルほどだ。

スンチョン市は2014年、チェジュ島から最初のピンクミュルリを導入し、国家庭園内の道に植栽し、その後2016年、より広範囲に植栽した。

国家庭園のピンクミュルリは、花が咲く秋には最も人気のあるフォトゾーンとなる。

17日にもピンク色のピンクミュルリを背景に写真を撮ろうとする観光客が続々と訪れていた。

しかし、ピンクミュルリが昨年12月、環境部傘下の国立生態園による生態系リスク評価の結果、2級判定を受け、最近チェジュ島ではピンクミュルリを除去したり、他の植物と交換しようという動きがあり、スンチョン市も頭を悩ませている。

ピンクミュルリの原産国は米国南東部で、保護種として管理されている。

国立生態園は、現在の生態系危害は通常レベルだが、今後の生態系を乱す可能性が高くなる可能性があり、拡散の程度と生態系に与える影響を継続的に観察する必要があるとみている。

スンチョン市の関係者は「観光客が好きな植物であるのと同時に危険性の議論もあり、悩んでいる」としながらも「この植物が直接生態系を脅かすかどうかは、継続的に観察する必要がある」と述べた。

続いて「スンチョンマン庭園が韓国を代表する国の庭という点で、植物の多様性なども考慮して徹底した管理と継続的な観察を続ける計画」とし「すぐにピンクミュルリを除去する計画はしていない」と述べた。

関連記事(外部サイト)