秋夕の連休後、コロナ大規模拡散なし…2週間前と比較して1日平均の感染者4.7人減少=韓国

秋夕の連休後、コロナ大規模拡散なし…2週間前と比較して1日平均の感染者4.7人減少=韓国

秋夕の連休後、コロナ大規模拡散なし…2週間前と比較して1日平均の感染者4.7人減少=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府は、ここ2週間の防疫状況をおおむね安定的と評価している。チュソク(秋夕、中秋節)やハングルの日の連休による新型コロナウイルス感染症の大規模拡散が発生しなかったためだ。

18日、中央災難安全対策本部(中対本)によると、10月4日から17日までの秋夕の連休直後からハングルの日の連休を含めた最近の2週間を見ると、1日平均の国内発生患者数は61.8人で、前の2週間の66.5人に比べて4.7人減少した。

首都圏の場合、1日平均の国内発生患者数は46.6人で、前の2週間の51.8人に比べて5.2人減少した。非首都圏地域は1日平均15.2人発生し、前の2週間の14.7人に比べて0.5人増加した。

新たに発生した集団感染の件数も24件で、前の2週間の29件に比べて減少し、感染経路調査中の事例割合も16.5%と引き続き低くなっていることが分かった。

ただし、不安要素もある。感染の再生産指数がまだ‘1’前後を維持しているからだ。国内では発生患者数の減少傾向が停滞している状況で、首都圏の確たる沈静化も見られない。

また、集団感染の発生数は減っているが、療養病院、リハビリテーション病院など、高危険群の多い施設での集団感染は依然として続いている。

中対本は「今週から首都圏の療養病院、療養施設と精神病院などに対して一斉診断検査を実施し、秋には旅行防疫管理を強化するなど、多角的な努力を傾けている」とし、「国民の皆さんも伝播予防のための努力を共にしてほしい」と要請した。

関連記事(外部サイト)