高危険施設、防疫規則1回違反は「集合禁止」…ダンス禁止の義務も=韓国

高危険施設、防疫規則1回違反は「集合禁止」…ダンス禁止の義務も=韓国

高危険施設、防疫規則1回違反は「集合禁止」…ダンス禁止の義務も=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府が高危険施設など主要防疫規則義務化業所に対して、一回違反すればすぐに退出する「ワンストライク・アウト制」と施行する計画だと21日、明らかにした。

キム・ガンリプ中央災難(災害)安全対策本部総括報道官は同日、定例会見で「王駅に対する責任性を高めるため、主要防疫規則の違反業所に対して、ワンストライク・アウト制を適用、集合禁止と罰金300万ウォン(約28万円)などを積極的に施行する予定だ」と述べた。

全国的に高危険施設は12日、社会的距離の確保第1段階の適用で出入り名簿作成、マスク着用など主要防疫規則が義務化されている。

該当施設は△クラブなどの遊興酒店△コーラテック(ディスコ)△カラオケボックス△ライブハウス△ビュッフェ△大型学習塾(300人以上)△流通物流センターなど11種だ。

首都圏の場合、高危険施設と別途に多重利用施設16種についても主要防疫規則を義務化した。該当場所は△一般飲食店・休憩飲食店・製菓店(150平方メートル以上)△ウォーターパーク△遊園地△公演会場△映画館△ネットカフェ△学習塾(300人未満)△ゲームセンター△宗教施設△室内結婚式場△銭湯・サウナ△室内体育施設△葬儀場などだ。

政府は万一、集団感染の危険性が高いクラブやハンティングポチャ(出会い系飲食店)などで防疫規則の順守が不十分だったり、集団感染が発生すれば制限措置を追加する案も検討している。

キム・ガンリプ総括報道官は「例えばクラブの場合、ダンスをする行為やステージ運営を禁止したり、ハンティングポチャについては座席やルーム間の移動禁止などの制限が追加で義務化される可能性がある」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×