韓国与党代表「“文喜相案”は難しい」…「外交当局間の協議促進」を強調

韓国与党代表「“文喜相案”は難しい」…「外交当局間の協議促進」を強調

韓国与党“共に民主党”の李洛淵 代表(画像提供:wowkorea)

韓国与党“共に民主党”のイ・ナギョン(李洛淵)代表は今日(21日)、前国会でムン・ヒサン(文喜相)前国会議長が元徴用工問題の解決法として提示していた、いわゆる“文喜相案”について「似たような案が出ても、状況は大きく変わらず難しいだろうとみている」と語った。

イ代表はこの日 ソウルの韓国プレスセンターで開かれた外信記者懇談会で「前国会当時の文喜相前議長案は、国会や政府でも受け入れがたいものであった」と語った。

「文喜相案」は、日韓の企業と国民が自発的に出した寄付金により財団を設立し、元徴用工たちに慰謝料を支給する方案である。

イ代表は「(文喜相案を)受け入れるのが難しい理由は、被害者たちが同意するだろうかということである」とし「日韓両国は同意できるかもしれないが、国会が法を作ることも困難であり、その手続きを進めることもかなり困難だ」と語った。

つづけて「昨年10月 東京で安倍晋三前首相と会った時にした合意は、両国当局間の協議を進めることであった」とし「外交当局間の協議を促進させることが、現実的であり効果的だ」と説明した。

また「韓国、日本の両者が守ろうとしている原則があるが、各自の原則を生かしながらも接点を見出していく過程は、外交当局が最もよく知っている」とし「両国のトップ会談で、外交当局間の協議を促進させることに合意した理由がそこにある」と強調した。

関連記事(外部サイト)