日本、50年代の“米航空地図”でもって「韓国が竹島を不法占拠」と主張=韓国報道

日本、50年代の“米航空地図”でもって「韓国が竹島を不法占拠」と主張=韓国報道

1954年に作製された、米航空地図(鬱陵島と竹島の間には点線が表示されている)(出処 日本国際研究所)(画像提供:wowkorea)

日本外務省傘下の日本国際問題研究所(JIIA)は、1950年代に作られた米国の航空地図をもって、韓国が竹島(韓国名 独島)を不法占拠していると、無理な主張を展開した。

この研究所は23日 ホームページに「竹島を日本領として記載する1953年、1954年の米国政府作製の航空図について」というタイトルの掲示物をあげた。

この掲示物に添付された1954年製作の米空軍地図をみると、ウルルンド(鬱陵島)と竹島の間には短い点線が表示されていて、その左側には「KOREA」、右側には「JAPAN」と書かれてある。1953年に作られた米空軍航空地図もやはり この部分が同じになっている。

2つの地図には竹島が「リアンクール岩礁」と表記されていた。

時事通信によると、分析にあたった島根大学の 舩杉 力修 准教授は「サンフランシスコ講和条約発効直後の米政府の地図で竹島周辺の国境線が確認されたのは、今回が初めてだ。条約の内容を反映していると考えられる」と語った。

舩杉教授は「航空図2点は、米国国立文書館で見つかった。(鬱陵島と竹島の間に)事実上の国境線が引かれており、条約の起草国である米国の当時の認識が確認できる」と主張した。

関連記事(外部サイト)