金正恩の夫人「李雪主」の姿がない…韓国統一相「確認できる事項はない」

金正恩氏の夫人、李雪主氏が1月から姿を見せず 韓国統一相「確認できる事項はない」

記事まとめ

  • 北朝鮮の金正恩氏の夫人、李雪主氏は1月25日以降、公の場から姿を消している
  • 韓国のイ・イニョン統一相は野党議員の質問に「確認できる事項がない」と答えた
  • 李雪主氏には妊娠説、出産説、新型コロナウイルス感染症への防疫説などがあがっている

金正恩の夫人「李雪主」の姿がない…韓国統一相「確認できる事項はない」

金正恩の夫人「李雪主」の姿がない…韓国統一相「確認できる事項はない」

金正恩 北朝鮮国務委員長の夫人である李雪主 女史(画像提供:wowkorea)

韓国のイ・イニョン(李仁栄)統一相は23日、キム・ジョンウン(金正恩北朝鮮国務委員長の夫人であるリ・ソルジュ(李雪主)女史が、9か月も姿を現わしていないことについて「確認できる事項がない」と語った。

この日 野党“国民の力”のチョン・ジンソク議員が、国会 外交統一委員会の統一部(省)総合監査で「リ女史が去る1月以降 姿がみえず、その動向において様々な憶測があり、国民の関心が高い」とする質問に、イ統一相は先のように答えた。

リ女史は去る1月25日、キム委員長とともにピョンヤン(平壌)サムジヨン(三池淵)劇場で、旧正月の記念公演を観覧して以降、公の場から姿を消している。これに妊娠説、出産説、新型コロナウイルス感染症への防疫や子女教育の次元で姿を現わしていないという説があがっている。

これについてイ統一相は「特別な情報がない」とし「国家情報院との情報交換をしている」と答えた。

つづけて「遠まわしに言うならば、(キム委員長の妹である)キム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長が現れる前には姿が見られたが、その後に何かがあった」とし「そのような過程を念頭に置いて、必要な情報を(国家情報院と)交流している」と語った。

関連記事(外部サイト)