インフルワクチン異常反応事例にアナフィラキシーショックなし=韓国

インフルワクチン異常反応事例にアナフィラキシーショックなし=韓国

インフルワクチン異常反応事例にアナフィラキシーショックなし=韓国(画像提供:wowkorea)

疾病管理庁がインフルエンザワクチン接種後の死亡届や異常反応申告より、代表的な重症異常反応である、アナフィラキシー(アレルギー性過敏反応)ショックはなかったと説明した。

チョン・ウンギョン疾病管理庁長は24日、国家インフルエンザ予防接種事業関連緊急説明で、これまで報告された異常反応の事例の中にアナフィラキシーと診断された事例があるかについての質問に「アナフィラキシーの疑いの対象者も数人いた。しかし、検査やカルテ調査などから、全員アナフィラキシーではないことを確認した状況」と答えた。

アナフィラキシーはアレルギー過敏反応の症状で、インフルエンザワクチンの生産時に使われる卵のタンパク質にアレルギー反応が出る場合に発生する。

ワクチンの問題というより、ワクチンに含まれる物質に対する接種者の特異体質の問題という評価だ。また、ほとんど接種後20〜30分以内に発生する。

チョン庁長は「軽症で申告された事例のうち、アレルギーと表記された事例がかなりある。これは重症のアレルギー反応であるアナフィラキシーとは異なり、接種部位の痒み、皮膚が発疹・蕁麻疹が生じる」とし「現在は(軽症申告事例も)アナフィラキシーがないことが確認されている」と説明した。

同席していたキム・チュンゴンソウル大学医学部名誉教授(予防接種被害調査班長)も「アナフィラキシーは、発生する可能性は少ないが、すべての薬に可能性は持っている」とし「インフルエンザワクチンだけ唯一表れる副作用ではなく、すべてのワクチンが持っている副作用」と説明した。

続いて「アナフィラキシーは、通常20〜30分内に発生するため、予防接種後の医療機関からすぐに帰宅しないでほしい」と「緊急措置を行えば問題なく治療することができる」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)