文大統領、韓国財界の象徴サムスン李会長死去哀悼

文大統領、韓国財界の象徴サムスン李会長死去哀悼

文大統領、韓国財界の象徴サムスン李会長死去哀悼(画像提供:wowkorea)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、死去した李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長の遺族に「韓国財界の象徴であるとイ・ゴンヒ会長の死去を深く哀悼し、遺族の方々に心からお見舞い申し上げる」と伝えた。

文大統領はこの日、盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長を通じて遺族にこのようなメッセージを送ったことをカン・ミンソク大統領府報道官が述べた。

文大統領は「故イ・ゴンヒ会長は、挑戦的で革新的なリーダーシップで、半導体産業を韓国の代表産業に成長させた」とし「世界のスマートフォン市場を席巻するなど、サムスンを世界的企業に育て、韓国代表企業として、経済成長の牽引する役割をした」とした。

続いて、「彼が見せてくれたリーダーシップは新型コロナで経済が困難な時期に、危機克服と未来に向かって挑戦する多くの企業に、大きな手本と勇気になってくれることだ」とし「改めて故人の冥福を祈る」と述べた。

文大統領はこの日、イ・ゴンヒ会長の遺体安置所に弔花を送り、ノ・ヨンミン室長とイ・ホスン経済首席を送り弔った。

関連記事(外部サイト)