今日インフルエンザワクチンを有料で接種=韓国疾病管理庁長

今日インフルエンザワクチンを有料で接種=韓国疾病管理庁長

今日インフルエンザワクチンを有料で接種=韓国疾病管理庁長(画像提供:wowkorea)

チョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長が29日、インフルエンザワクチンの接種を受けた。チョン・セギュン(丁世均)国務総理、パク・ヌンフ保健福祉部長官が接種したのに続き、国民にインフルエンザワクチンの安全性を訴え、接種を勧告するのが目的だ。

疾病管理庁によると、鄭銀敬庁長はこの日午後1時、チュンチョンプット(忠清北道)チョンジュ(清州)フンドク(興徳)区にある保健所で、インフルエンザワクチンの予防接種を受けた。

これに先立ち、インフルエンザワクチン予防接種後の死亡申告事例は、29日0時時点で72件を記録した。疾病簡管理庁は、これらの事例とインフルエンザワクチンとの因果関係が、明らかにされたものはないと伝えた。

これにより、丁世均国務総理は21日、満70歳以上の高齢者用インフルエンザワクチン、パク・ヌンフ長官は27日、満62歳から69歳までの高齢者用インフルエンザワクチンを無料で接種している。パク・ヌンフ長官は接種後、「専門家の判断を信じて、インフルエンザの予防接種をしてほしい」と訴えた。

鄭銀敬庁長によるこの日の接種も同じ趣旨であると考えられるが、56歳の鄭銀敬庁長は、無料接種の対象ではないため、有料で接種を受けたものと推定される。また、鄭銀敬庁長は、これまで鳥インフルエンザ対応の部署に属しており、毎年インフルエンザワクチンを接種してきた。

関連記事(外部サイト)