再収監を3日後に控える李明博元大統領、きょう(30日)ソウル大学病院で診察

再収監を3日後に控える李明博元大統領、きょう(30日)ソウル大学病院で診察

再収監を3日後に控える李明博元大統領、きょう(30日)ソウル大学病院で診察(画像提供:wowkorea)

DAS資金を横領し、サムスンなどから賄賂(わいろ)を受け取った容疑で去る29日、懲役17年が確定した韓国のイ・ミョンバク(李明博)元大統領(79)が、再収監を前にソウル大学病院で診察を受けることがわかった。

関係者によると、李元大統領は30日、ソウル大学病院で診察を受ける。

李元大統領の弁護士は「(李元大統領が)ソウル大学病院を受診する」とし、「午前、午後に予約をとっているようだ。糖尿、睡眠と関連し2つの科を受診すると承知している」と明かした。

これを前に最高裁は29日、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反(賄賂)などの容疑で起訴された李元大統領に懲役17年を宣告した原審を確定した。

関連記事(外部サイト)