“背を向けた李明博執事”元大統領府総務企画官、賄賂授受ほう助容疑「無罪」確定

“背を向けた李明博執事”元大統領府総務企画官、賄賂授受ほう助容疑「無罪」確定

“背を向けた李明博執事”元大統領府総務企画官、賄賂授受ほう助容疑「無罪」確定(画像提供:wowkorea)

韓国のイ・ミョンバク(李明博)元大統領が国家情報院特殊活動費を受け取ることをほう助した疑いで裁判にかけられたキム・ペクジュン元青瓦台(大統領府)総務企画官に無罪が確定した。

最高裁1部は5日、特定犯罪加重処罰に関する法律違反などの容疑で起訴されたキム元企画官に無罪を言い渡した原審を確定した。

李元大統領の執事と呼ばれていたキム元企画官は2008年2月から2011年12月まで当時、キム・ソンホ、ウォン・セフン国家情報院長からそれぞれ2億ウォン(約1800万円)ずつ総額4億ウォン(約3700万円)の特活費を受け取ったという李元大統領の容疑に関与し、起訴された。

キム元企画官は李元大統領の賄賂容疑など捜査過程で李元大統領がサムスン電子に対して、自動車部品会社ダースの訴訟費用の肩代わりを要請して承認した点、国家情報院に特殊活動費の上納を要請した点をすべて打ち明けて捜査に協力した。

関連記事(外部サイト)