「日本より先に米新大統領に会わねば」とする与党に対して、外交部は「最大限努力する」=韓国

「日本より先に米新大統領に会わねば」とする与党に対して、外交部は「最大限努力する」=韓国

「日本より先に米新大統領に会わねば」とする与党に対して、外交部は「最大限努力をする」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国外交部(日本の外務省に相当)は5日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が日本より先に米新大統領と首脳電話会談ならびに首脳会談を推進しなければならないという主張に対して、「最大限頑張って努力する」という立場を明らかにした。

イ・テホ外交部第2次官はこの日午後、国会予算決算特別委員会の総合政策質疑に出席して、「我々の大統領が日本より先に米新大統領と首脳会談をすることができるか」というパク・ヨンジン共に民主党議員の質疑に対して、「堅固な同盟をもとに、米韓関係の発展と朝鮮半島の平和プロセスを継続して進展するため、密接に協力していく」と回答した。

同議員は、2016年11月のドナルド・トランプ大統領当選当時、韓国政府の対応が遅かったことを指摘した。

特に、当時の安倍晋三首相が、諸外国の首脳の中で一番最初にトランプ大統領(当時の新大統領)と会談を行った事実について言及しながら、「その時、我々はどのようなラインを通じて、米国に我々の利益を守るための意思を伝えるべきか、知らなかった凄惨な状況について、外交部がそのような失敗を再び繰り返してはならない」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×