プーチン、連日「ロシアワクチンを宣伝」…大量生産を求める

プーチン、連日「ロシアワクチンを宣伝」…大量生産を求める

プーチン ロシア大統領はブリックスの国々に、ロシアの新型コロナワクチンの大量生産を求めた(画像提供:wowkorea)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は17日(現地時間)ブリックス(BRICs)の国々に、ロシアの新型コロナウイルス感染症ワクチンの大量生産を求めた。

フランスのAFP通信によると、プーチン大統領はこの日 ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ共和国の首脳たちとのTV会談で、ロシアが開発した新型コロナワクチン“スプートニクV”の製造と流通を強調した。

プーチン大統領は「ロシアのワクチンがある。効果があり、効率的で安全だ」とし「これらの製品を大量生産するために団結することがとても重要だ」と語った。

ロシアは、インドおよびブラジルで臨床試験をすることに合意し、中国・インドとは製造契約を結んだと付け加えた。

ロシアは、去る8月 フェーズ3の臨床試験を終えていない状態で、スプートニクVを世界初の新型コロナワクチンとして公式承認している。先月には2番目のワクチン“EpiVacCorona”を承認した。

関連記事(外部サイト)