オバマの新回顧録「日本の政治は硬直し、迷走」=韓国報道

オバマの新回顧録「日本の政治は硬直し、迷走」=韓国報道

オバマ前米大統領は鳩山由紀夫元首相について「硬直し迷走した日本政治の象徴」だと回顧した(画像提供:wowkorea)

バラク・オバマ前米大統領は新たな自身の回顧録で、任期初期の日本の政治状況について「硬直し迷走していた」と評価した。

NHKなどによると、オバマ前大統領は17日に出版された回顧録“約束の地”で、鳩山由紀夫元首相について「硬直し迷走した日本政治の象徴」だと記述している。

オバマ前大統領は、去る2009年11月に開かれた日米首脳会談で会った鳩山元首相について「愉快だが厄介な友人」だと回顧している。

また「鳩山元首相は在任期間の3年を務めきれなかった歴代4人目の首相だ」とし「この10年間、日本を苦しめてきた政治の象徴」と評価した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?