非婚出産は違法?合法?民主党制度改善=韓国

非婚出産は違法?合法?民主党制度改善=韓国

非婚出産は違法? 合法? 民主党制度改善=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国で活動中の日本人タレントのサユリ(藤田小百合)の非婚出産をきっかけに、「共に民主党」が関連制度の改善に乗り出すことにした。現行法上、精子提供などを受けた女性の非婚出産は違法ではないが、配偶者の同意を前提としており、混乱が起きる可能性があるからである。

ハン・ジョンエ民主党政策委議長側は18日、news1との通話で非婚出産に関連して「現行制度の改善が必要であるか、法の適用に問題があるかを検討してみる」と述べた。

現行の生命倫理法は、卵子や精子を提供したり、体外受精を受ける場合、配偶者の書面による同意が必要であると規定している。母子保健法は、不妊夫婦を対象に人工授精などを受けられるようにしているが、夫婦(事実婚を含む)が同意しなければならないと明示した。

二つの法令はすべての夫婦の同意を前提としているが、保健当局は、配偶者のいない女性の出産の規定がなく、非婚出産は違法ではないという立場だ。

ハン議長も同日、自分のFacebookで「非婚出産は韓国では違法ではない」とし「不妊治療医療機関で非婚女性の体外受精施術が可能だ」と説明した。

ただし、医療界では、大韓産婦人科補助生殖術倫理指針に基づき、非婚出産が不可能だと見ている。このガイドラインでは、「非配偶者間の人工受精は、原則的に、法律的婚姻関係にある夫婦のみを対象に実施する」と明示しているからである。

このような理由から、民主党は、関連法令を整備することを含め、制度の改善を検討するという立場だ。

ハン議長はサユリの出産のニュースに「子供が生活することになる大韓民国がより開かれた社会になるように私たち皆一緒に努力しなければならない」と言及した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?