北朝鮮・平壌医大、賄賂で学生選抜・卒業証書授与=RFA

北朝鮮・平壌医大、賄賂で学生選抜・卒業証書授与=RFA

北朝鮮・平壌医大、賄賂で学生選抜・卒業証書授与=RFA(画像提供:wowkorea)

北朝鮮が朝鮮労働党の政治局拡大会議で、ピョンヤン(平壌)医学大学党委員会を公開批判したのは、平壌医大生の選抜と卒業証書授与に不正腐敗行為があったためだという主張が提起された。

19日、米国自由アジア放送(RFA)によるとピョンアンナムド(平安南道)のある幹部消息筋は「今回の会議で最高尊厳(キム・ジョンウン(金正恩)国務委員長)が、平壌医学大学党委員会が犯した厳重な犯罪行為を辛らつに批判した」とし、このように明らかにした。

同消息筋は「今(北朝鮮で)大学に入ろうとしたら賄賂とコネ(人脈)がないと入学するのが難しい」とし「その中でも卒業さえすればすぐに医師資格が得られる平壌医学大学は入学が非常に難しいとうわさされている」と付け加えたという。

さらに「平壌医大は入るときもコネと賄賂がなければ大変だが、医科大学という特性上、卒業するのも非常に難しいという」とし「まず入学後も大学党委員会と教員(教授)たちに日常的に賄賂を提供しなければ卒業できない」と主張した。

また「ところが数日前から平壌医大出身の若い医師らが配属された病院や医療機関で治療をきちんと施行できず、患者が死亡する医療事故が続出する事態が発生した」とし「死亡した患者の中には幹部や富裕層の家族が多かった」と述べた。

これについて、ピョンアンプクト(平安北道)のある住民消息筋はRFAに「最近、労働党中央委員会の会議で提起された平壌医学大学党委員会の犯罪内容と関連し、全国的に住民対象会議が開かれている」とし、「平安北道道内の各機関の企業所や住民たちを対象に反社会主義犯罪行為を根絶することに対する闘争を大きくするよう指示が下された」と述べた。

関連記事(外部サイト)