中国の科学者たち、次々と「コロナ“武漢発生説”」を否定…「最初に発見されただけ」

【新型コロナウイルス】中国科学者、次々と"武漢発生説"否定「初めて検出されただけ」

記事まとめ

  • 最近、中国の科学者たちは、新型コロナの起源として“武漢発生説”を否定している
  • 曾光氏は「武漢は初めて検出された場所というだけで、発生地ではない」と主張
  • 武漢で初めて報告される何か月か前に、イタリアで感染者がいたという研究を引用した

中国の科学者たち、次々と「コロナ“武漢発生説”」を否定…「最初に発見されただけ」

中国の科学者たち、次々と「コロナ“武漢発生説”」を否定…「最初に発見されただけ」

最近 中国の科学者たちは、新型コロナの起源が全世界と関連した複雑な問題だと主張し“武漢発生説”を否定している(画像提供:wowkorea)

中国保健当局の核心的な役割をしていた中国の科学者は、新型コロナウイルス感染症が「武漢から始まったのではない」と主張した。

20日(現地時間)香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、曾光 前 中国疾病統制予防センター首席疫学調査官は去る19日、オンライン学術会議で「武漢は新型コロナウイルスが初めて検出された場所というだけで、発生地ではない」と語った。

曾光氏は、新型コロナウイルスが2019年12月に武漢で初めて報告される何か月か前に、すでにイタリアで無症状の感染者がいたという、イタリアの研究を引用した。

ただ この研究の共同著者であるイタリア国立癌研究所の科学部長は「この研究は、中国当局が感染症を適時に発見できなかったということを示しているだけで、ウイルスの起源について 問題を引き起こしているものではない」と指摘した。

最近 中国の科学者たちは、新型コロナの起源が全世界と関連した複雑な問題だと主張し“武漢発生説”を否定している。

関連記事(外部サイト)