「年末営業も停止せねば」コロナ警戒レベル2段階発表にカンナム閑散

「年末営業も停止せねば」コロナ警戒レベル2段階発表にカンナム閑散

「年末営業も停止せねば」コロナ警戒レベル2段階発表にカンナム閑散(画像提供:wowkorea)

「済州島旅行キャンセルしたお金でホカンス(ホテル+バカンス)にでも行こうかと考えています」

韓国ソウルのコロナ対策警戒レベルが2段階に引き上げられた22日午後、ソウルのカンナム駅で会ったイさん(27)は、「警戒レベルが2段階に引き上げされたという知らせを聞いて心配になり、済州島旅行をキャンセルした」と話した。

この日の取材を総合すると、多くの市民がコロナ感染再拡大の中、年末の計画を立てないかキャンセルしたものと思われる。

カンナム駅近くの居酒屋にいたキム某さん(29)は、「年末は何もできないから家にいる予定」、「友達とオンラインで会うことにした。それぞれの家でオンラインでビールを飲みながら雰囲気を出す」と述べた。

キム某さん(21)も「感染者数が増えたため2段階への引き上げは仕方がないと思っている」とし、「年末の会食を自粛するしかない」と答えた。

コロナ対策警戒レベルの2段階への引き上げの発表に、年末特需を期待していたカンナム駅周辺のバーやレストラン店主らは険しい表情を浮かべた。

居酒屋を運営するクォンさん(27)は、「午後9時までで

営業しろというのは、閉店しろというのと同じだ」とし「24日からこの一帯はほとんど閉店するだろう」と話した。

最近コロナの日ごとの感染者数が連日300人台を記録しており、寒くなった天気のせいでカンナム駅周辺は閑散としている。既に警戒レベル1.5段階の時点で禁止されたクラブは、ほとんどが営業していない状態であった。

クラブ関係者は「火曜日以来、営業をしていない」とし「今従業員の半分以上が辞めた。耐えてきたが生計のために出て行った人がほとんど。賃貸料も滞納しており本当に大変なことしかない」と話した。

一方、政府は前日、「ソウルにおいて今月24日0時から12月7日夜12時までの2週間は、警戒レベルを2段階に引き上げる」と発表した。

関連記事(外部サイト)