‘尹検察総長執行停止’の結果、早ければ明日にも決定…尹側、追加意見書提出=韓国

‘尹検察総長執行停止’の結果、早ければ明日にも決定…尹側、追加意見書提出=韓国

‘尹検察総長執行停止’の結果、早ければ明日にも決定…尹側、追加意見書提出=韓国(画像提供:wowkorea)

裁判所がユン・ソンニョル(尹錫悦)検察総長を職務から排除したチュ・ミエ(秋美愛)法務部長官の職務停止効力の中止に対する決定を30日に下さないことを決めた。

ソウル行政裁判所行政4部は、尹総長が秋長官を相手取り、「職務執行停止処分の効力を止めてほしい」として出した執行停止申請事件の結果を、この日中には決めないという考えを明らかにした。

ソウル行政裁判所側は「この日の日課時間が終了し、今日は決定登録がないという趣旨」と付け加えた。審問結果は、早ければ尹総長に対する法務部懲戒委員会が開かれる前の1日中に決定されるものと予想される。

執行停止事件の場合、普通1日か2日内に結論が出る場合が多い。ただし、本案訴訟ほど深い審理が行われれば、結論は遅れるだろうという見方もある。双方の答弁説明が不十分な場合、釈明を要求することもできる。

尹総長側によると、この日の審問過程で法務部は尹総長側に一部の事案に対して追加答弁をしてほしいと要請した。これに対して尹総長側は、すでに提出された書面に全部答弁されているという考えを明らかにした。

さらに尹総長側は、懲戒委員会が2日しか残っていないため、小益がないという法務部側の主張に対する追加意見書をこの日の午後3時30分ごろ、裁判所に提出した。

秋長官と尹総長はこの日の裁判に直接出席せず、尹総長側の法律代理人であるイ・ワンギュ弁護士と秋長官側のイ・オクヒョン弁護士など双方の代理人だけが出席し、職務執行停止の正当性をめぐり、熾烈な攻防を繰り広げたという。パク・ウンジョン(朴恩貞)法務部監察担当官もこの日の審問に訴訟遂行者の資格で出席した。

尹総長側のイ・ワンギュ弁護士は、検察総長の職務遂行は重大な事案であり、1日でも空白状態にすることは国家全体としても、検察運営システムに関しても問題があるという趣旨で主張した。

また「(検察の)中立性と独立性に関する公益的損害を勘案しなければならないという点も伝えた」と明らかにした。‘裁判部査察’論難については「裁判官人事の季節である1月に合わせて、一回だけ意思疎通のために業務参考に作った後、廃棄したもの」とし「査察とするには難しいと言った」と付け加えた。

一方、秋長官側のイ・オクヒョン弁護士は「12月2日には新たな処分があって職務執行停止命令が失効するが、2日後には失効されることを今緊急に停止する必要性はない」とし「捜査依頼された尹総長が再び職務に復帰するなら、いくらでも(本人に関する)捜査を歪曲することができる」と指摘した。

また、「個人情報の取得は原則として不法であるため、法令上根拠が明白でなければならないが、検事にはそのような根拠がない。そのため情報の収集・保管・加工は不法行為だ」とし「公判検事から聞き込みを行っているが、これは典型的な査察だ。手段も内容も適切でなかった点を説明した」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)