米韓「防衛費交渉」再開するか?…TV協議を通じて交渉の「現況を点検」

米韓「防衛費交渉」再開するか?…TV協議を通じて交渉の「現況を点検」

韓国のチョン・ウンボ米韓防衛費分担交渉大使(画像提供:wowkorea)

米韓はきのう(30日)、TV会議を通じて米韓防衛費分担特別協定(SMA)交渉の現況を点検した。

韓国外交部(外務省に相当)によると、チョン・ウンボ米韓防衛費分担交渉大使とダナ・ウェルトン米国務省安全保障関係交渉・協定担当上級顧問はこの日、双方の交渉団とのTV協議を開催し、交渉の現況を点検した。

米韓双方はこの日の協議で、公平で相互受け入れ可能な合意を速やかに導き出すため、緊密に協力していくことで意見を一致させた。

一方 この日の協議には両国の交渉団以外に、韓国側からは外交部・国防部(防衛省に相当)の関係者たちが、米国側からは国務省、国防省の関係者たちが協議に参加した。

米韓防衛費交渉は昨年9月から始まったが、双方の合意点を導き出せずにいる状況である。7回にわたる公式会議をもってきたが、ドナルド・トランプ米大統領が両国の実務陣による妥結案に対して「土壇場のストップ」をかけたことで、合意に至ることができなかった。

関連記事(外部サイト)