韓国・釜山で「社会的距離の確保」2段階の初日、指針に違反した飲食店など4か所を摘発

韓国・釜山で「社会的距離の確保」2段階の初日、指針に違反した飲食店など4か所を摘発

韓国・釜山で「社会的距離の確保」2段階の初日、指針に違反した飲食店など4か所を摘発(画像提供:wowkorea)

韓国・プサン(釜山)で1日0時より施行された「社会的距離の確保」2段階の指針に違反し営業した飲食店などが摘発された。

釜山警察庁は1日0時以降、重点管理施設などに対する通報16件を受け、計4か所を感染病予防法違反容疑で摘発したと明らかにした。

主な取締り事例としては、集合禁止施設にも関わらず0時以降に営業していたヘウンデ(海雲台)地区のスナックなど接待を伴う飲食店2か所と遊興施設など3か所を摘発。

また、トンレ(東莱)区では一般の飲食店1か所がデリバリー(テイクアウト)形態ではない営業をおこなっていたとして摘発された。

この日0時を基準に、釜山市が「社会的距離の確保」2段階を施行したことでクラブや接待を伴う飲食店など5つの遊興施設は営業が中断されている。

関連記事(外部サイト)