「2020世界韓人会長大会」開催…世界の韓人会長たちがオンラインで参加

「2020世界韓人会長大会」開催…世界の韓人会長たちがオンラインで参加

1日 韓国ソウルで“2020世界韓人会長大会”が開催された(画像提供:wowkorea)

韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は今日(1日)“2020世界韓人会長大会”の開会式に参席、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の祝辞を代読し、世界各国の韓人会長250人あまりを激励した。

韓国外交部(外務省に相当)によると、今年の開会式はこの日の午前 ソウルのグランドウォーカーヒルホテルで、対面・非対面方式の混合により開かれた。現職の韓人会長など211人がオンラインで参席し、韓国内に滞在している韓人会長大会運営委員30人あまりは現場で参席した。

世界韓人会長大会は、この日から3日まで開かれる。韓人会長たちは、各韓人会の新型コロナウイルス感染症対応の優秀事例を共有し、新型コロナ以降の時代に備えた韓人会の運営方案について話し合う予定である。

文大統領はこの日の祝辞を通じて、今年一年 母国と同胞社会の新型コロナ危機克服のために尽力してきた韓人会長を激励し、感謝の意を伝えた。

文大統領は特に 弱者階層と疎外同胞への韓国政府の持続的な関心と、在外国民保護の強化、非対面の領事サービス拡大計画などについて言及しながら、在外同胞政策推進の意志を表した。

在外同胞財団が主催し韓国外交部が後援する世界韓人会長大会は、全世界の韓人会長たちが参加する代表的な同胞行事として、同胞社会の発展のための力を結集し、母国と在外同胞社会との共生発展に貢献している。

韓国外交部の関係者は「今回の大会を通じて、韓人会長間の非対面での交流の場を設けたことで、新型コロナによる直接的な交流が困難な状況な中、全世界の韓人ネットワークと同胞社会間の協力を改めて強化するきっかけとなることを期待する」と語った。

関連記事(外部サイト)