コロナ、チュ・ミエ、「BTS」…2020年韓国を盛り上げたニュースは?

コロナ、チュ・ミエ、「BTS」…2020年韓国を盛り上げたニュースは?

コロナ、チュ・ミエ、「BTS」…2020年韓国を盛り上げたニュースは? (画像提供:wowkorea)

韓国メディアのニュース1が今年2020年の10大ニュースを選んだ映像を公開した。

コロナは国民の生活をがらっと一転させた。今年1月20日に最初の感染者が出た後、2月中旬をスタートとし爆発的に増加した。

コロナの長期化に企業だけでなく、社会のあちこちで被害が続出した。一度も経験したことのない世界。コロナとの闘いは、今後も継続されるものと専門家たちは見ている。

南北関係が凍りつく事件もあった。北朝鮮は6月の南北交流協力の象徴である開城の南北共同連絡事務所を爆破した。続いて9月には、韓国の海洋水産部の公務員イ氏(47)が西海で北朝鮮軍が撃った銃弾を受けて死亡する事件が発生した。

パク・ウォンスン前ソウル市長が秘書をセクハラした疑いで訴えられた後、自殺をして大きな衝撃をもたらした。来年4月にソウル市長補欠選挙を控えた状況で、現在与野党間の激しい候補争いが続いている。

嬉しいニュースもあった。ポン・ジュノ監督の映画「パラサイト」がアカデミー監督賞など4冠を席巻した。「BTS(防弾少年団)」は、米国ビルボードのメインシングルとアルバムチャートを獲得するなどダイナマイト級の人気を得て韓国国民に喜びを与えた。

この他にも、不動産価格の急騰、歴代最長梅雨、サムスン電子のイ・ゴンヒ会長死去のような2020年ホットニュースがあった。

関連記事(外部サイト)