韓国議員「悪質な書き込みを防ぐ道はインターネット実名制のみ」…関連法を発議=韓国

韓国議員「悪質な書き込みを防ぐ道はインターネット実名制のみ」…関連法を発議=韓国

国民の力議員「悪質な書き込みを防ぐ道はインターネット実名制のみ」…関連法を発議=韓国(画像提供:wowkorea)

既に‘違憲’という判決まで出された‘インターネット実名制’が法律改正で本格的に導入されるだろうか。芸能人やスポーツ選手などの相次ぐ自殺に、悪質な書き込みが原因と見られるなど、弊害が後を絶たず、インターネット実名制を導入しようという世論が高まる中、バク・デチュル(朴大出)国民の力議員が関連法を発議した。

国会科学技術情報放送通信委員会所属の朴議員は11日、‘情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律’(以下、情報通信網法)の一部改正案を提出し、改正案に‘インターネット準実名制’の導入で、書き込み文章や書き込みに対する責任感を高め、悪質な書き込みを根絶する根拠を盛り込んだ。

改正案は、書き込み作成者のIDとIPを公開し、オンライン書き込みの責任性を強化することに主眼点を置いている。特に、情報通信サービス提供者に表示義務を課し、各ポータル別に異なるID公開政策を統一し、準実名制政策の実効性を高めるよう明示した。

朴議員は「表現の自由も責任感を伴うべきであり、自分の書き込みが間接殺人行為になり得るということを肝に銘じなければならない」とし「インターネット準実名制導入で公論の場という書き込みの純粋機能を取り戻すことができるものと期待する」と改正案の趣旨を明らかにした。

■自殺を防止するために厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口

●こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556

●よりそいホットライン:0120-279-338、岩手県・宮城県・福島県から:0120-279-226

●いのちの電話:0570-783-556

関連記事(外部サイト)