半年ぶりに登場した“北のナンバー2”「金与正」…来年「地位の格上げ」なるか?

半年ぶりに登場した“北のナンバー2”「金与正」…来年「地位の格上げ」なるか?

来年、北朝鮮の金与正 朝鮮労働党第1副部長の地位は格上げされるか(画像提供:wowkorea)

北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長は、最近 カン・ギョンファ(康京和)韓国外相をねらって 半年ぶりに対南(対韓国)非難に出た中、来年 彼女の地位が格上げされるのではないかという見方が出ている。

今日(15日)韓国統一部(省)の北朝鮮情報ポータルによると、キム第1副部長の現所属および職責は「朝鮮労働党第1副部長」、「党政治局候補委員」、「党中央委員会委員」である。

北朝鮮の“ナンバー1”キム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の妹であるキム第1副部長は、北朝鮮内で最高権力をもった“白頭血統(北朝鮮の歴代指導者である金一族の血統)”である。それゆえ 彼女の所属や職責のもつ意味以上に、事実上 より強力な権限をもっている。

キム第1副部長は今年始め、対米・対南発言を続けるなど、対外メッセージを担当した。また 水害への支援復旧や新型コロナウイルス感染症防疫を一部 指揮しているという話も出ている。加えて去る10月10日の労働党創建日75周年記念行事も、キム第1副部長の役割があったことを示唆する韓国情報当局の国会報告もあった。

このように今年 キム第1副部長の役割が拡がっている中、専門家たちは 来年1月に予定されている労働党大会前後に、政治局委員、政治局常務委員、党中央委員会部長などへと 地位が引き上げられるのではないかと分析している。

関連記事(外部サイト)