南アフリカで、若者層に拡がっているコロナウイルスの「変異種」を発見

新型コロナウイルス感染症の「ウイルス変異種」が南アフリカ共和国で発見

記事まとめ

  • 新型コロナウイルス感染症の「ウイルス変異種」が南アフリカ共和国で発見された
  • 研究陣は、若者の患者たちが だんだん多くなり、症状もひどくなっていることに注目
  • 保健相は「第2波は、新たな変異種が引き起こしているということを強く示唆」と語った

南アフリカで、若者層に拡がっているコロナウイルスの「変異種」を発見

南アフリカで、若者層に拡がっているコロナウイルスの「変異種」を発見

若者たちが多く感染している新型コロナの大流行を裏付ける「ウイルス変異種」が、南アフリカで発見された(画像提供:wowkorea)

若者たちが多く感染している新型コロナウイルス感染症の大流行を裏付ける「ウイルス変異種」が南アフリカ共和国で発見されたと、18日 南アフリカ共和国の保健省が伝えた。

フランスのAFP通信によると、南アフリカ共和国のズウェリ・ムキゼ保健相は声明で「南アフリカの研究陣たちが“501.V2”と呼ばれる変異種を確認し、世界保健機関(WHO)に詳しい内容を送った」と伝えた。

ムキゼ保健相は「研究チームが大流行発生後、数百のウイルスサンプルの塩基配列を分析していたが、ここ2か月間 収集されたサンプルから 特定の変異種がだんだんと支配的になっていった」と説明した。

これまで 南アフリカの研究陣は、多くの若者の患者たちが徐々に多くなり、症状もよりひどくなっていることに注目してきた。ムキゼ保健相は「これは 現在 我々が経験している第2波を、この新たな変異種が引き起こしているということを強く示唆している」と語った。

南アフリカ共和国は、アフリカの国々の中で 新型コロナの影響を最も受けている。18日現在 約6000万人の人口のうち 総感染者数は90万人以上、死者は2万4845人 発生している。

関連記事(外部サイト)