韓国で6年間 タイ人労働者「544人が死亡」…84%は不法滞在者

韓国で6年間 タイ人労働者「544人が死亡」…84%は不法滞在者

韓国では2015年以降、少なくとも522人のタイ人が死亡したことが伝えられた(画像提供:wowkorea)

韓国で ここ数年の間に 数百人のタイ人労働者たちが死亡しているため、国連は このことに対する調査を求めたと、ロイター通信が22日(現地時間)報道した。

トムソン・ロイター財団が駐韓タイ大使館から入手した資料によると、韓国では2015年以降 少なくとも522人のタイ人が死亡し、このうち84%が不法滞在者であった。

死者数は今年が最も多く、12月中旬現在で122人を記録した。死者10人のうち4人は死亡原因が不明で、残りの6人は強姦関連、事故、自殺などによるものである。

トムソン・ロイター財団がタイ外務省から入手した資料によると、2015年から2018年に韓国で死亡したタイ人労働者は、他国からの労働者たちより多い283人となっている。

国連傘下の国際労働機構(ILO)の移住労働専門家である二リム・バルア氏は「(データは)憂慮するものであり、関心と調査が必要だ」と指摘した。また「不法滞在中の移住労働者たちは、保護をほとんど受けられずにいることから、彼らの健康と安全が心配だ」と付け加えた。

移住労働者たちと市民運動家たち、タイの役人たちは、韓国にいる数万人の不法移住労働者たちが酷使されているが、医療サービスを受けることができず、追放されることを恐れて 搾取されても訴えることができずにいると語った。

タイ外務省側は、大使館には全てのタイ人たちを保護する義務があるが、不法移住労働者たちに近づくことは現実的に難しいという立場を伝えた。

■自殺を防止するために厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口

●こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556

●よりそいホットライン:0120-279-338、岩手県・宮城県・福島県から:0120-279-226

●いのちの電話:0570-783-556

関連記事(外部サイト)