李明博元大統領の私邸警備要員、10人感染=韓国

李明博元大統領の私邸警備要員、10人感染=韓国

李明博元大統領の私邸警備要員、10人感染=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国ソウル市カンナム(江南)区所在のイ・ミョンバク(李明博)元大統領の私邸警備勤務を担当する防護要員10人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

疾病管理庁中央防疫対策本部は24日、新型コロナウイルスに関する定例会見で、このような感染現状を明らかにした。

これに関連する感染者は計10人で、李明博元大統領の私邸警備勤務を担当していることが確認された。防疫当局は関連部署の勤務者全員に対して、新型コロナウイルス検査を実施しており、全員が自主隔離している。感染者の接触者らも検査や自主隔離措置を進めている。さらに感染者と接触した同僚25人が陰性と確認された。

防疫対策本部のイ・サンウォン疫学調査分析団長は「12月22日に最初の感染者の発生を確認し、その後実施した新型コロナウイルスの検査により、追加の患者を確認。現在、医療機関で治療を受けたり移送待機中だ」と述べた。

関連記事(外部サイト)