中国シノファーム「ワクチンの効能79.34%」だというが…参加者数は「非公開」

中国シノファーム「ワクチンの効能79.34%」だというが…参加者数は「非公開」

中国“シノファーム”の新型コロナワクチンの効能が、79.34%に至ると発表された(画像提供:wowkorea)

中国の国有製薬大手“シノファーム”による新型コロナウイルス感染症ワクチンの効能が、79.34%に至るという発表がなされた。

香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、シノファームは今日(30日) 中国医薬品管理局(NMPA)に シノファームのワクチンに対する条件付き使用承認の申請をしたとして、先のように発表した。

シノファーム傘下の北京生物製品研究所側は、このワクチンの安全性が立証され、2回分を投薬した参加者たちの99.52%から、高い抗体価のウイルス抗体が形成されたと説明した。

しかし 臨床試験の参加者サンプルの数字と検査数など、重要な情報は依然として公開されておらず、シノファームの発表には疑問点が残る。

去る9日 UAE(アラブ首長国連邦)の保健当局は、シノファームのワクチンが自国内の臨床試験の中間分析結果、86%の効能が表れたと伝えている。このワクチンは現在まで、UAEとバーレーンで使用承認を受けている。

関連記事(外部サイト)