10代香港活動家、中国国旗を毀損した罪で懲役4か月

10代香港活動家、中国国旗を毀損した罪で懲役4か月

10代香港活動家、中国国旗を毀損した罪で懲役4か月(画像提供:wowkorea)

香港学生活動家のトニー・チョン氏が中国国旗を毀損した疑いで拘束された。

イギリスBBC放送によると、29日(現地時間)、中国裁判所は香港活動家のトニー・チョン氏(19)が香港民主化デモに参加して中国国旗を投げて毀損したことに対して懲役4か月を言い渡した。

中国裁判所は、「チョン氏がデモで中国国旗や旗竿を壊し、投げつけることで国旗の尊厳を傷つけた」と判決理由を明らかにした。

現行の香港国旗法によると、中国国民が国旗を燃やしたり落書きしたりした場合、5000香港ドルの罰金刑または懲役3年の刑に処されることがある。

チョン氏は4か月間服役し、今年7月に施行された香港の国家保安法に基づき、国家分裂、国家政権転覆、テロ活動、外国勢力との結託などの罪に問われ、裁判を受ける予定だ。

チョン氏は香港保安法以後初めて起訴された人物になった。

中国政府の活動家に対する取り締まりで、香港民主化運動家の肩身が狭くなっており、一部の活動家らはすでに、香港を離れた。

チョン氏は今年10月、香港駐在米国領事館への亡命要請のため訪問したが逮捕された。

関連記事(外部サイト)