サムスントップの「国政壟断」裁判の締めくくり…争点は量刑=韓国

サムスントップの「国政壟断」裁判の締めくくり…争点は量刑=韓国

サムスントップの「国政壟断」裁判の締めくくり…争点は量刑=韓国(画像提供:wowkorea)

イ・ジェヨン(李在鎔)サムスン電子副会長の「国政壟断」破棄差し戻し審で、特別検事チームと李在鎔副会長側は、量刑とその要素のなかで「遵法監視委員会」において争われた。

ソウル高裁刑事1部の審理によって30日に開かれた李在鎔副会長などに対する破棄差し戻し審の公判で、検察は懲役9年を求刑した。李在鎔副会長は善処を訴え、裁判所は来年1月18日を宣告期日に指定した。

李在鎔副会長は、パク・クネ(朴槿恵)前大統領とチェ・ソウォン氏(改名前チェ・スンシル)にサムスン経営権の継承および支配構造改編の支援を求めて、その見返りに賄賂を提供した疑いで2017年2月に裁判にかけられた。

その後、1審で懲役5年を、2審では懲役2年6月に執行猶予4年を言い渡されたが、昨年8月に最高裁は賄賂額50億ウォンを追加で認めなければならないという趣旨で原審を破棄して事件をソウル高裁に戻した。

ソウル高裁は、最高裁の有無罪判断を覆すことができないので、最終的に争点は、李在鎔副会長に対する「量刑」となった。裁判所自らも「我々の裁判は、最高裁の破棄差し戻しの趣旨に従う破棄差し戻し審の裁判である」と強調した。

関連記事(外部サイト)