「ミョンミン号 転覆」行方不明者とみられる 遺体 1体 発見…身元確認中=韓国

「ミョンミン号 転覆」行方不明者とみられる 遺体 1体 発見…身元確認中=韓国

「ミョンミン号 転覆」行方不明者とみられる 遺体 1体 発見…身元確認中=韓国(画像提供:wowkorea)

引網漁船 32ミョンミン号(39トン・ハルリム(翰林)船籍)の転覆事故が発生してから3日目の31日午前、行方不明だった船員とみられる遺体 1体が発見された。

チェジュ(済州)地方海洋警察庁は、この日 午前 10時 26分頃、済州港 第3埠頭 ターミナルゲート前の海上で、行方不明者とみられる遺体を発見したと明らかにした。

済州海洋警察は、遺体を陸上に引揚げて身元を確認している。

遺体が発見された場所は、29日夜にミョンミン号が転覆した済州島 北西側 約2.6キロの海上からそれほど離れてない場所だ。

ミョンミン号の船体は、31日 午前 3時 47分頃、高い波と強風に煽られ、済州港西防波堤にぶつかり破損し、船尾部分が折損した。

関連記事(外部サイト)