韓国コロナ、12月「パンデミックのピークとなるか」…感染者数が「3月の3.9倍」

韓国コロナ、12月「パンデミックのピークとなるか」…感染者数が「3月の3.9倍」

2020年 韓国コロナ 月間感染者の推移(画像提供:wowkorea)

韓国の新型コロナウイルスによる感染者が、今日(31日)0時基準で累計6万740人を記録し、初めて6万人を突破した。1月20日に 国内で新型コロナの感染者が確認されてから、347日経っている。

今年 韓国で発生した新型コロナは「テグ(大邱)・キョンサンプクト(慶尚北道)を中心とした1次流行(2月から3月)」、「首都圏中心の2次流行(8月から9月)」、「首都圏中心や全国的拡散が特徴の3次流行(11月から)」として、大きく3つの流行過程を経ている。

特に季節的特殊性による3次流行は、それ以前の1次・2次とは比較にならないほど 拡散の勢いは強い。12月の1か月間における感染者は2万6539人となり、今年一年全体の感染者数の43.7%を占めている。1次流行のピークであった3月に比べて、実に3.9倍も多い規模である。

ただ最近 防疫措置(社会的距離確保)の引き上げによる効果が少しずつ表れ、3次流行は12月か1月が流行のピークに達するだろうとする観測も出ている。

今日 韓国疾病管理庁 中央防疫対策本部によると、この日0時基準の国内累積感染者は前日より967人増加した6万740人を記録した。このうちの43.7%である2万6539人は、12月の一か月間に発生した数値である。

最近 一日における新型コロナの診断検査件数は9万から10万件に達し、過去の一日最多検査件数であった4万から5万件より2倍も多い。

韓国保健福祉部(厚生労働省の厚生部分に相当)中央事故収拾本部のソン・ヨンネ戦略企画班長は この日の定例会見で「防疫措置を強化したことで、一日の新規感染者が ここ2週間 900人から1000人台にとどまっている。今後 拡散の推移が減少することを期待する」と語った。

このような分析から推測すると、3次流行は12月か1月中にピークを迎える可能性があるとみられる。

関連記事(外部サイト)