韓国野党代表「李・朴元大統領の“恩赦”、大統領が直接 考えを明らかに」

韓国野党代表「李・朴元大統領の“恩赦”、大統領が直接 考えを明らかに」

韓国野党“国民の党”の安哲秀 代表(画像提供:wowkorea)

韓国野党“国民の党”のアン・チョルス(安哲秀)代表は今日(4日)、与党“共に民主党”のイ・ナギョン(李洛淵)代表による“イ・ミョンバク(李明博)・パク・クネ(朴槿恵)元大統領の恩赦”発言について「恩赦は、大統領の権限だ」とし「大統領が直接 自身の考えを、国民に明らかにするのが正道だ」と語った。

アン代表はこの日 国会で開かれた最高委員会議の後、記者たちに「恩赦は、国民統合のためであるべきだ。選挙を目的とすることは適切でない」と指摘した。

アン代表は「国民統合が目的ならば、単純な恩赦を越えて 政治においても様々な協力をしたり、国民統合のためという意思が伝わるよう、しっかり施行することが望ましい」と語った。

関連記事(外部サイト)