日中韓の協力は、東北アジアと世界経済回復の原動力=中国メディア

日中韓の協力は、東北アジアと世界経済回復の原動力=中国メディア

昨年3月に開催された日中韓TV会議の臨んでいる、康京和 韓国外相(画像提供:wowkorea)

日本、中国、韓国の3か国間の協力が、東北アジアと世界経済の回復を促進する力になると、中国官営英字紙“チャイナデイリー”が今日(4日)報道した。

中国の専門家たちは、この世界激動の時期に3か国が 経済はもちろん、東アジアの秩序を維持するためにも、経済協力を続けなければならないと伝えた。

広東外国語大学の国際関係大学院長は「3か国の産業と供給網は比較的安定的で、中国による両国との交易は高い水準だ」と評価した。

中国関税庁(海関総署)によると、昨年の10月まで 中国と韓国の交易規模は1兆6200億人民元(約25兆8457億円)で、前年対比0.8%増加した。また 中国と日本の交易規模は1兆8000億人民元(約28兆7175億円)で、前年対比1.5%増加している。

また 3か国は、昨年11月に締結した世界最大規模の貿易協定である“東アジア地域包括的経済連携(RCEP)”の加盟国である。この協定は世界経済の3分の1を包括するものである。

別の専門家は「3か国間の見解の差を解決するためには、今年 日中韓首脳会談を開く必要がある」と強調した。

関連記事(外部サイト)