進路相談口実に性的暴行の高校運動部コーチ、懲役3年・執行猶予5年の宣告=韓国

進路相談口実に性的暴行の高校運動部コーチ、懲役3年・執行猶予5年の宣告=韓国

進路相談口実に性的暴行の高校運動部コーチ、懲役3年・執行猶予5年の宣告=韓国(画像提供:wowkorea)

教え子を性的暴行した韓国・チョンブク(全北)所在の高校運動部コーチに裁判所が懲役刑を宣告した。

チョンジュ(全州)地裁は児童・青少年の性保護に関する法律違反容疑で起訴されたA被告(36)に懲役3年・執行猶予5年を言い渡したと5日、明らかにした。また、280時間の社会福祉と80時間の性暴力治療講義の受講、5年間の児童・青少年関連機関への就業制限を命じた。

これを前にA被告は昨年2月17日夜、自宅でBさん(17)を性的暴行した容疑で起訴された。

裁判所などによると、この日A被告はBさんへ「進路相談に乗ってあげる」と話して自宅に誘った。その際、A被告はBさんを自宅に誘うためにBさんのスマホを盗んで帰宅したという。結局、BさんはA被告の家へ行き進路相談をしながら飲酒。以降、Bさんが帰宅しようとするとA被告は「母親には連絡しておいたから泊まっても大丈夫だ」とうそをつき、就寝したBさんに性的暴行を加えたことがわかった。

当時、A被告は某高校の運動部コーチとして監督不在の際には監督代行として業務をおこなっていた。

関連記事(外部サイト)